一条工務店の最終仕様確認は最終打ち合わせ!気合いを入れていこう

最終仕様確認は最終打ち合わせ!気合いを入れて

長い長い打ち合わせ期間、お疲れ様です。

この最終仕様確認で、全ての打ち合わせが終わります!

いつもの打ち合わせとは少し違いますので、これから最終確認を迎えるあなたのために注意点を残しておきますね。

こんな人に読んでほしい

  • これから最終仕様確認を迎える人

この記事から得られる情報

  • 最後の打ち合わせだけど気を抜かず!
  • かなり頭を使って集中力が必要になるので体調も万全に!

 

一条工務店の最終仕様確認って何をするの?

最終仕様確認とは、仕様確認書に沿って今まで決めてきたことの全てを、1つ1つ確認していく打ち合わせです。

仕様確認書の一部
仕様確認書の一部

この1行1行、細かく確認していきます。

外壁のカラー、間取り、設備、オプション、電気関係、壁紙・・・

ぜーんぶ振り返ります。

数か月前に始まった打ち合わせ。どんなことを話して決めたのか、そろそろ記憶が曖昧になってきていますよね。

それを思い出しつつ、これでいいのか営業さんと設計士さんと共に確認していく作業になります。

この部屋はこれで、こっちはこうで・・・と確認していくと、軽く3~4時間くらいはかかります。

いつもの打ち合わせの倍くらいかかるつもりで予定組んだほうがいいですよ。

途中で休憩がありましたが、さすがに全部を振り返るのは疲れました(笑)

 

一条工務店の最終仕様確認は気を抜かずに1つ1つ確認しよう

設計士さんが主体となって確認作業が続いていきます。

始めのほうはちゃんと聞いていられるんですが、だんだん集中力がなくなってきます。

設計士さん

ここはこれでよろしいですか?

もとむぅ

はい!大丈夫です!!

これの繰り返しです。

ずっと「大丈夫です」「OKです」「いいです」を言っていると、無意識のうちに変更したい部分も返事をしてしまっている可能性があります。

我が家も知らぬ間にハイハイ言っていたところがあって、あとで焦りました。

ですので、大変な作業になることは間違いないのですが、気を抜かずに集中して確認していきましょう!

気合いです!!

 

一条工務店の最終仕様確認後に変更はできる?

最終仕様確認は全体の確認のための打ち合わせなので、基本最後の打ち合わせです。

ですが、まだ間に合います!

最終仕様確認が終わると次は着手承諾手続きで、建築工事にゴーサインが入ります。

着手承諾してしまうともう戻れませんが、最終仕様確認の段階ならまだ大丈夫です。

ほんの些細なところでも、そのままにはしないほうがいいです。

最終確認の時には見逃してしまったけれど、振り返ったら他に見つかったとか、気になっていてモヤモヤしている部分が残っているようであれば、今が最後のチャンスです。

我が家もたった1つだけ、コンセントを外してもらいました。

最終確認後に変更したコンセント

シューズボックス上のコンセント。

電気の打ち合わせの時に「水槽置くかもしれませんよね~」みたいな話はしていたのですが、それがそのまま残っていました。

というか我が家は玄関に水槽を置く予定はありません(笑)

玄関に電気を使うインテリアを置くこともないでしょう(笑)

なのに、最終確認で「はい」と言っているんです。怖いですね・・・

気付いて良かったものの、建ってからビックリ仰天していたかもしれません。

 

という訳で、我が家のようなパターンがあるかもしれませんので、着手承諾前に気になるところは全て解消してしまいましょう。

 

一条工務店の最終仕様確認に行くなら体調のコンディションも万全に

ただ話を聞いて確認していくだけの作業なんですが、頭も使って集中しなくてはならないし、とっても大変です。

ちょっと体調悪いな~なんて日だと、せっかくの確認作業で見落としが出るかもしれません。

万全な体調で気合いを入れて、最終仕様確認をしてきてくださいね!

建築工事スタートまでもう少しですね。

あなたの家づくり応援しています!!