一条工務店のイベント、入居宅訪問とは?当日の流れや雰囲気はどう?

一条工務店の入居宅訪問とは?雰囲気や流れは?

一条工務店の入居宅訪問というイベント、ご存じですか?

もう参加されましたか?

この記事では我が家が入居宅訪問に参加して感じた雰囲気やどういった流れで進行していくのかをお伝えします。

行かれる前に少しでも雰囲気や流れを掴めればリラックスして参加できますし、また違った角度から見学したり質問したりできるかもしれませんよね。

せっかくの機会ですので、見学に行かれる際はじっくりと見てきてくださいね!

こんな人に読んでほしい

  • 一条工務店の入居宅訪問というイベントは何をするの?と不安に思っている人
  • 入居宅訪問に行く予定だけど、初めてのお宅訪問に緊張気味の人
  • 当日の流れを知っておきたい人

この記事から得られる情報

  • 入居宅訪問で何をするのかわかる
  • 当日の流れがわかる
  • 隅々まで教えてくれるし、見せてくれるイベント。一条工務店が気になっているなら参加して損なし!

 

一条工務店の入居宅訪問とは?

一条工務店では契約前の方を対象に、一条工務店の家を実際に建てた人のお宅へ訪問して、見学できるイベントを開催しています。

「入居宅訪問」とか「完成見学会」といった名称で行われているようです。

参加は無料です。

実際に建てた方のリアルな声を聞ける貴重なイベントですので、一条工務店で家を建てることを検討しているなら一度は参加しておいた方が良いイベントです。

開催時期や日程は展示場によって異なりますので、参加希望の人は担当営業さんに問い合わせてみてくださいね。

多くは土日の週末開催になっていますので、お仕事のお休みに合わせて参加できますよ。

どれくらいの築年数のお宅を見学できるの?

新築ホヤホヤで入居前のお宅へ行くのではなく、実際に既に住んでいるお宅へ訪問するので、建てられてからの期間には差がありました。

「建てたばかりでまだ3か月です」というお宅もあれば「もう1年経ちました」というお宅もあって様々です。

その日に見学が予定されているお宅次第という感じですので、こればかりは運ですね。

他のブログでは築2年程のお宅に訪問したという情報もありましたよ。

 

でも築年数が長ければ長いほど、そのお宅の方は一条の家のことをよく知っていることになります。

年間を通して住んでみないと、感じられないこともたくさんありますよね。

例えば「毎月の電気代はいくらかかるのか?」という質問は入居後数か月しか住んでいない方はまだ傾向がわからない訳です。

私の感覚だと1年以上住んでいるお宅の方が情報も豊富でしたし、一条の家を使いこなしているように感じました。

1件だけではなく何件か見学できるので、いろいろな情報を得られます。

1日だけの参加で不足のようなら、また別日に参加してみることもできますよ。

1回の参加で何件見学できる?所要時間は?

参加する方も貴重な時間をつくって参加しますので、できるだけ多くの家を見学したいですよね。

我が家が参加した入居宅訪問で見学できた家は2件、建築中の建物1件、新築したばかりの宿泊体験棟になる予定の一条工務店のモデルハウス1件でした。

別日に参加した、住まいの体験会へ行く途中にもう1件見学しています。

割と近距離に何件も建てられている場所だったので、かなりボリュームのある見学会でした。

所要時間は1件につき40分くらいでした。

大体それくらいあれば一通り見学と説明を受けて、質問できる時間も十分にあります。

 

見学そのものは午前中で終わりました。

我が家はその後に営業さんが打ち合わせをしたいとのことで、昼食を用意してもらってそのまま夕方まで時間がかかりました。

丸1日なくなりましたが、見学したイメージがある中でそのまま打ち合わせできたので、かなり話は進めることができた印象でした。

いつ参加すればいいの?

我が家は参加したいな~と思っていたタイミングで営業さんからちょうど声がかかって参加するに至りました。

さすが営業さんですね。こちらの意図が丸見えでした。

我が家も参加したのは仮契約前「一条工務店は魅力的に感じるけど本当にここで決めて大丈夫かな?」という状態での参加でした。

他にも参加していた全員が一条工務店を検討中の段階で、これから仮契約といった人達ばかりでした。

中には他のハウスメーカーさんでも相談しているという方もいましたので、一条工務店が本命で決めています!という状況でなくて大丈夫です。

参加したからといって即契約になる訳ではないので、安心して参加してくださいね。

数多くのハウスメーカーを検討しつつ、一条工務店の入居宅訪問に参加すると性能の良さがより理解できますよ。

 

一条工務店の入居宅訪問当日の流れや雰囲気は?

集合時間と流れ

朝10時展示場に集合。

担当の営業さんと一緒に行動します。営業さんが担当する他のお客さんもいて、2組ペアで見学していきました。

担当営業さんとは別の営業さんもお客さんを連れて来ているので、全部合わせると7組くらいでした。

それぞれ夫婦だったり、子供連れだったりしますので、総勢14人以上になっていました。

営業さんの車に分かれて乗って、見学するお宅に向かいます。

見学の方法

住んでいる方の自己紹介を聞いて見学スタートです。

総人数が多いので1階から見るグループと2階から見るグループで分かれました。

間取りや設備などの説明を聞きながら自由に質問できます。

近くに営業さんもいるので、これが標準なのかオプションなのか随時確認できるので安心です。

みんなが一条工務店を検討中段階で、知識がほぼ一緒なので、恥ずかしがらずにいろいろ聞けたのは良かったです。

見てみたい所や質問してみたいことも大体一緒でした。

我が家が入居宅訪問で質問をした内容は一条工務店の入居宅訪問で聞いた質問と回答を一挙公開!にて紹介しています。

 

基本的にその家のオーナーさん主体で見学が進行していくようでした。

営業さんはサポートのような役割です。

ですので家によっては「どうぞどこでも見てください」という自由なスタイルの方もいれば、細かい所まで「ここはこうで、こういうオプション付けて」と説明してくださる方まで様々です。

共通しているのは「収納まで開けて見てもいいですよ」と言っていたこと。

すごくないですか?

自分の家のクローゼットや収納、押し入れまで開けて見せられるなんて!

しかも、どのお宅も掃除が行き届いていて、隅々までピッカピカなんです。

まるでモデルルームに住んでいるかのような…

見学でそこまで拝見できるのは、参加する側としてはとてもありがたかったです。

でも人様に隠すことなく、いろいろ見せられるなんて、私には到底真似できません!

尊敬のまなざしでした(笑)

 

一条工務店が気になるなら入居宅訪問は参加しておこう

入居宅訪問は、一条の家を検討しているなら必ず参加しておいた方がいいイベントです。

気になるところは質問してみると、きっと解決できるはずです。

どのお宅の方も隅々まで見せてくれて、丁寧に教えてくれます。

ただし、ただ何となく見学するだけではなくて、忘れてはならない一番重要なポイントが1つ!

ポイント

もし一条工務店の家を自分が建てるとしたら、どんな間取りで、どんな設備を採用したいのか、ピックアップすること!

我が家が入居宅訪問に参加した後に失敗したと思ったのは、もっと細かいところまでイメージして見学してこなかったこと!

設備や壁紙、電気関係など、実物を見れる機会はそう多くありません。

せっかく参加するなら、ぜひ自分だったらどれを採用していきたいのか考えながら見てきてください!これから始まる打ち合わせを進めていく上でも助けになります。

もっと詳しく知りたい人は、入居宅訪問で見ておくといいチェックポイントをご覧ください。

 

あなたの一条工務店での家づくりの第一歩、応援しています!