【2019年7月】エアコンをつけたり消したりすると電気代はどうなる?

i-smart7月電気代

7月は暑い日が多くなってきて、エアコンのオン・オフを繰り返すところから始まり・・・

後半のほうはエアコンがフル稼働するようになりました。

エアコンが動いている時間が増えると電気代はどうなるのでしょうか。

電気代によくないとされる、つけたり消したりは影響するのか紹介していきます!

 

 

7月の電気の使い方で変わったところ

暑くて毎日、エアコンをつけました。

我が家の間取り上、西日が本当にきついんです。

ですので、午前中はなんとか耐えて、昼すぎから夜寝るまでの間に稼働していました。

 

もとむぅ

電気代の高くなるピーク時間からエアコンつけ始めるのも微妙だよね・・・

 

夜の間は日中に運転して涼しくなっている分で意外と十分でした。

特に寝苦しくなることはなかったです。

 

  • 一条工務店 i-smartⅡ
  • 約30坪
  • 2階建て
  • 吹き抜けあり
  • 2階リビング
  • 新潟県(山ではないけどそれなりに雪は降る)
  • 太陽光発電はなし
  • オール電化
  • 電気プランは東北電力よりそう+シーズン&タイム
  • 夏場のお風呂はシャワーのみ

 

室内温度は25℃~28℃くらいでした。

冷房をつければ寒いし、消せば暑いし・・・ということで、

  • 冷房をつけたり消したりを繰り返す
  • 冷房で涼しくする or 除湿で湿度を下げる

で、けっこう迷いました。

 

しかもこの時期は梅雨。

雨が続いてくると室内の湿度が70%とか80%まで上昇します。

ここまで上がるとカビの発生が心配です。

涼しい日はなんとか窓開けて過ごすのもできたのですが、湿度のことを考えたら窓は開けられなくなりました。

というか、我が家は雨の日に窓開けておくと、普通に雨が入ってくるので開けておけないのです。

 

それで試行錯誤の結果、落ち着いたのが「除湿モード」で運転することになりました。

冷房で運転すると部屋は冷たくなるのですが、湿度が下がりません。

除湿器などあればいいのかもしれませんが、我が家にはないので除湿モードでいくことにします!

除湿モードで運転すれば湿度も快適なところでキープしてくれて、それなりに過ごしやすい温度まで下げてくれます。

電気代的にはどっちのモードがいいのでしょうね。

とりあえずジメジメした梅雨と暑い夏が快適になればそれでOKです!

 

2019年7月の電気使用量はどれくらい?

エアコンをつけたり消したりしたのが良かったのかどうか・・・

料金を見たら毎日フル稼働するより、結果的に良かったのかもしれません。

集計期間は6月18日~7月17日までの30日間です。

使用電気量金額
基本料金1,944円
夏季ピーク電力量料金40kWh1,694円
他季ピーク電力量料金27kWh

(▲19kWh)

1,039円

(▲732円)

オフピーク電力量料金83kWh

(22kWh)

2,177円

(577円)

夜間電力量料金143kWh

(▲9kWh)

1,604円

(▲101円)

燃料費調整額▲5円
再エネ発電賦課金864円

( )内は前月比です。

合計 293kWhで9,318円!!

 

やはり冷房分が増えましたので、6月分と比較して1,515円アップです。

エアコンのオン・オフがあっても1万円以内でおさまって良かった!!

 

気付けば7月から電気プランが夏季に切り替わっていました。

東北電力のよりそう+シーズン&タイムを使っているのですが、切り替わるタイミングでお知らせが来ないんですよね・・・

もとむぅ

普通に使っていたら夏季料金になっていたという(涙)

10時から17時までは夏季ピーク料金で割高なので、我が家のように昼すぎからエアコンを運転させる使い方は、料金的によくないはずです。

どうにか工夫して少しでも安くしたいものです。

 

エアコン分で全体がプラスになっている中で、夜間料金だけは横ばいでした。

夜寝る前にエアコンを消していたことで、料金がおさえられていると思われます!

一条工務店の家は気密性が高いですから冷気も逃げにくいのでしょう。

まだ夜が過ごしやすい時期であれば、夜間のエアコンを止めると少しは節電になりますよ!!

 

まとめ

エアコンが稼働する時間が多くなって電気代が少しアップしました。

ついたり消したりを繰り返すことで多少は影響があったはずです。

もしかしたら、もっと効率の良い使い方があったのかもしれません。

それでも夏の始まりに1万円以内におさまっているので、我が家としては結果オーライでした。

8月に入ると暑さも厳しくなります。

きっとエアコンはつけっぱなしになることでしょう。

「電気代はかかるものだから」と諦めないで、節電ポイントを見つけていきたいと思っています!