9月1日は防災の日!備えを万全にして災害に備えよう

9月1日は防災の日!防災意識を高めよう

「防災の日」が毎年あるのはご存じですか?

秋が近づいてくると防災訓練があったり、テレビでも防災特集が放送されたりするのは、防災の日があるからです。

近年では日本のどこかで必ずといっていいほど災害が起こります。

いつ自分の身に起こることなのか、まったく予測がつきませんよね。

ですので防災に対する意識を高め、万が一に備えた準備も大切です。

防災の日を機会に、見直しと対策をしてみましょう。

 

この記事でわかること

  • 防災の日はいつ?
  • 防災の日の由来
  • 防災の日に取り組んでおきたいこと
  • 準備しておくと安心な防災グッズ

 

2019年の防災の日はいつ?

2019年の防災の日は9月1日(日)です。

毎年9月1日が防災の日として定められています。

1960年(昭和35年)に国によって制定されました。

2019年はたまたま日曜日ですが、記念日ではないため祝日ではありません。

 

また9月1日を含む1週間が防災週間となっています。

2019年の場合は、8月30日(金)から9月5日(木)までです。

 

この期間で地域の防災訓練や、防災に関するイベントが行われています。

何かが起こってから慌てないように、積極的に参加しておきましょう。

 

防災の日はなぜ9月1日?その由来は?

防災の日が9月1日になっているのは、関東大震災に由来しています。

かつて関東大震災が1923年9月1日に発生したからです。

10万人以上の死者や行方不明者を出した大規模な災害でした。

当時の被害や教訓を忘れないために、9月1日が防災の日となっているのです。

 

そして毎年、8月9月は日本へ台風が上陸することが多いです。

防災の日が制定される1年前、1959年9月には伊勢湾台風が起りました。

この台風でも5,000人を超える死者や行方不明者を出しています。

台風の進路次第では、自分の住む地域に台風が直撃するおそれも考えられます。

ですので、9月のはじめに防災の意識を高めて、備蓄品などの見直しをするには良いタイミングなのです。

 

災害は地震や台風だけではありません。

  • 豪雨
  • 豪雪
  • 暴風
  • 津波
  • 洪水
  • 土砂崩れ
  • 高潮
  • 噴火

どれも身の回りで絶対に起きないとは言えません。

家族で万が一が起ったときを想定して、しっかりと話し合っておく1日にしたいですね。

 

防災の日にはどんなことに取り組めばいい?

防災の日に意識を高めるために、どんなことに取り組めばいいのでしょうか。

  • 家庭でできること
  • 地域や職場、学校でできること

この2つにわけて紹介していきます。

 

家庭でできること

家庭でできることは3つあります。

  • 防災グッズの確認
  • 避難経路や避難場所の確認
  • 家具などの転倒のおそれを確認

まずは準備してある防災グッズの確認をしましょう。

備蓄品の食べ物は賞味期限が切れていないか、家族の人数分確保してあるか確認してみてください。

そして電池で動くライトやラジオなどは、電池切れになっていないか動作確認しておきましょう。

まだ防災グッズや備蓄品の準備していないなら、これを機会に用意しておくと安心です。

 

ポイント災害時にライフライン(電気、水道、ガス、通信、道路)が復旧するには3日ほど必要といわれています。
備蓄しておくものも3日×人数分あると安心です。

 

そして家族が揃っているときに、避難経路や避難場所の確認をしておきましょう。

今はスマホを連絡手段にしている人が多いですよね。

でも通信回線が復旧するまで、連絡の手段がない場合があります。

万が一のときに、どこに集合するのか、連絡方法はどうするのか決めておくとすれ違いがありません。

家族でしっかりと認識をすり合わせておくことが大切です。

 

それから家の中で転倒のおそれがある家具や家電はありませんか?

家具などが転倒すると避難する通路がふさがれるだけではなく、ケガや命の危険にさらされることもあります。

タンスやテレビ、食器棚などを事前に固定しておくと安心です。

 

地域や職場、学校でできること

防災の日に合わせて避難訓練や防災訓練が行われるところがあります。

地域の情報を確認して参加してみましょう。

私も参加したことがありますが、年配の人の参加が多かったです

若い世帯だから参加しなくていいなんてことはありません。

子どもがいるなら一緒に参加すると、また得られるものが違ってきますよ。

 

参加する地域によって違いがありますが、ただ避難訓練をするだけではなく、非常食が配られたり、試食ができるイベントもあります。

実際に非常食をつくって食べられる体験ができるのは、とても貴重ですよ。

 

また学校給食では非常食がメニューに加わったり、食器を使わずに食べたりするところもあるようです。

防災を考える機会を与えると同時に、災害が起こったときに子どもたちが不安にならないようにする目的もあります。

学校だけではなく、家庭でも子どもと話し合う時間をつくれるといいですね。

 

防災グッズは何を準備したらいい?チェックシートが便利!

防災グッズの準備はできていますか?

でも非常時にあれこれ持ち出すのは危険です。

状況に合わせて、

  • 常時携行品
  • 非常時持ち出し品
  • 備蓄品

にわけて準備しておくと安心です。

準備するものは消防庁の防災マニュアルに載っているチェックシートを使うと便利です。

それぞれがリストになっていますので、準備済みのものと足りないものが一目でわかるようになります。

1つ1つチェックしながら確認してみましょう。

 

実際に災害が起こったときは、冷静に必要なものだけを持ち出せるようにしておくと安心です。

事前に準備ができていれば、迷うことなく持ち出せて避難もスムーズになりますよ。

 

備えておくと安心な防災グッズ10選

防災の日に準備しておくと安心な防災グッズを紹介します。

それぞれ家族の人数分の用意があると万全です。

今回紹介するのは以下の10点です。

  • 防災リュック
  • 非常食
  • 飲料水
  • ウォータータンク
  • 携帯ラジオ
  • 簡易ヘルメット
  • 簡易トイレ
  • アルミブランケット
  • ドライシャンプー
  • 万能ナイフ

 

防災リュック

まだ防災グッズは何も用意がない人におすすめです。

防災リュックの中に、必要最低限のグッズがセットになっています。

  • 多機能ラジオライト
  • LEDランタン
  • エアーマット
  • ホイッスル
  • 簡易寝袋・アルミシート
  • 非常食・水
  • 簡易トイレ
  • ウォーターバッグ
  • 衛生用品

などなど、これだけあれば数日間は過ごせそうです。

非常食や水は長期保存ができます。

ですので1つ用意があれば、毎年の見直しの中で追加や入れ替えをするだけなので便利ですよ。

 

非常食

準備してある非常食が賞味期限を迎える人、家族分の準備しておきたい人におすすめです。

非常食を選ぶポイントは、保存期間が長くて火や水を使わなくて良いものです。

缶詰パンや栄養補助食品は調理せずにすぐ食べられます。

セットの中のアルファ米をつくるときには水が必要ですが、お湯でなくても大丈夫です。

できあがったら開けてそのまま食べられるので食器も不要です。

 

 

飲料水

水は1日で1人あたり3リットル必要です。

家族3人だったら9リットル、つまり2リットルの水が5本ほど必要になります。

3日分の水を考えると、2リットルのペットボトルで最低15本です。

ちょっと多いようにも感じますが、飲料以外にも使える場面はあるはずです。

しっかり用意できていると安心ですよ。

 

ウォータータンク

水の持ち運びに便利なウォータータンクです。

大きなポリタンクを用意するのもいいですが、できればコンパクトにしたいですよね。

これなら使わないときは折りたためるので場所を取りません。

リュックの中にも入れておけますよ。

 

携帯ラジオ

携帯ラジオで多機能のものが多いですが、手回し発電だけだと意外と疲れるものです。

この商品は手回し発電に加えて、

  • 充電
  • ソーラー発電
  • 乾電池

も使えるようになっています。

天気が良ければソーラー発電してくれるので、電気が復旧するまでの間に重宝しますよ。

もちろんライトやモバイルバッテリーの機能も付いています。

家族用の携帯ラジオとして準備しておくのもいいですね。

 

簡易ヘルメット

ヘルメットが自宅に準備されている人は少ないのではないでしょうか。

かさばって重たいので用意するか迷うかもしれません。

でも、ないのも心配ですよね。

「オサメット」はコンパクトに折りたためて、持ち運びに不便しないタイプです。

国産で国家検定もクリアした安心商品です。

カバンの中に入れておいてもかさばりませんよ!

 

簡易トイレ

水が止まってしまったときのトイレは困りますよね。

仮設トイレに並ぶのも大変ですし、特に子どもの場合は我慢できない場合があります。

そんなときはバケツと簡易トイレがあれば、すぐにトイレの完成です。

用を足したら付属の凝固剤をいれるだけで簡単に消臭できます。

すぐに固まるので水漏れの心配もありません。

密封状態で7年~10年は使用できますので、早めの準備がおすすめです。

 

アルミブランケット

もし冬の寒い時期に災害に遭ってしまったら、暖房機器のないところで過ごすのはつらいものがあります。

特に雪の降る地域の人は、防寒できる衣類と一緒にアルミブランケットもあると寒さから身を守ってくれます。

熱を吸収して保温してくれる面と、熱を遮断してくれる面のリバーシブルタイプです。

 

ドライシャンプー

長引く避難生活になってしまった場合、思うようにお風呂に入れないのはストレスになるかもしれません。

ドライシャンプーなら数回プッシュして、全体にのばしたあとにタオルで拭くだけです。

体に残ってべたつくことなく、さらっとした仕上がりになります。

食用成分100%なので大人から子どもまで安心して使えますよ。

 

万能ナイフ

防災グッズの中にハサミや工具などをそれぞれ入れておくのもいいですが、万能ナイフを1つ用意すれば何役もこなしてくれます。

  • ナイフ
  • ハサミ
  • プラスドライバー・マイナスドライバー
  • ロープ・ビニール切り
  • 缶切り
  • 爪やすり

これだけの機能が全部入っています。

かさばらない大きさなので邪魔になりません。

いざというときに役立ちますよ。

 

まとめ:防災意識を高めて事前に備えておこう

9月1日の防災の日、そして防災週間を機会に、家族で一緒に考えてみましょう。

年に一度でも意識を向けておくことで、万が一が起きたときにはきっと役に立つはずです。

防災訓練に参加すると同時に、防災グッズも備えておけば、避難したときの安心につながります。

本当は災害が起きないのが一番です。

でも、いつどこで起こるかわからないのが災害です。

防災グッズも使う日が来ないことを願うばかりですが、事前の対策で防げるところは、今のうちに万全にしておきましょう。

 

おすすめしたグッズのおさらい

もとむぅ

これから防災グッズを揃えていきたい人は、防災セットがおすすめ。

必要最低限は揃っているので手間いらずです!

 

もとむぅ

すでに防災グッズを揃えている人はここから。

非常食や水の入れ替え、足りない分の追加をするときに参考にしてね!