一条工務店の預り金80万円を用意するためにやったこと。家計見直しのチャンス!

預かり金80万円用意のためにやったこと

我が家は一条工務店で家を建てるのに、仮契約金の100万円あれば大丈夫だと思っていました。

仮契約金も無事に納めてこれで安心と思ったのも束の間。

のちのちの本契約のときに預り金が80万円必要になることがわかりました。

これは完全な我が家のリサーチ不足、そして確認を怠ったことが原因です。

ぶっちゃけ、仮契約金を支払ったあとの我が家の自己資金は10万円ちょっとしかありませんでした。

でも預り金80万円も納めないといけません。

我が家がその80万円をどうやって用意したのか公開します!!

半年ほどしか期間はありませんでしたが、なんとかなったのでホッとしています。

今となっては笑い話にできますが、当時はどうしようか本当に悩みました。

もし自己資金が足りなくてどうしようと悩んでいる人がいたら参考にしてみてくださいね。

こんな人に読んでほしい

  • 預り金80万円もかかるなんて聞いてないよ!という人
  • 自己資金足りなくて払えるか心配な人

この記事から得られる情報

  • チリも積もればの精神でコツコツと支出を減らして、収入を増やせるところを探せば半年間でもなんとかなる!

 

預り金80万円を用意するためにしたことは大きく分けて2つ

一条工務店の預り金80万円を用意するためにやったことはいくつかあります。

大きく分けると2つです。

  • 支出を減らすこと
  • 収入を増やすこと

これだけです。

家計管理の基本とも言われていますね。

まずは現状の支出がどうなっているのか把握するところから始まります。

ちょっとでも削れるところがあればラッキーです。

そしてお金を増やせるところを見つけて短期間で増やす!

そういわれると難しく感じるかもしれませんが、私でもできたので簡単です。試してみてくださいね。

 

まずは毎月の収支を確認

毎月いくら収入があって、何に使って支出しているのか把握できていなければ始まりません。

でも家計簿つけるのって面倒くさくて続かないんですよね。

私も手書きの家計簿、エクセル管理の家計簿、スマホアプリの家計簿など、あらゆる方法を試してきましたが全部挫折してきました。

そこで今回導入したのがマネーフォワード!

家計簿マネーフォワード

家計簿マネーフォワード

無料posted withアプリーチ

 

無料の家計簿アプリには変わりないのですが、これは銀行口座やクレジットカードと自動で連携してくれるスグレモノ!!

今までは手入力したり、レシートを撮影して入力したり・・・と手間ばかりかかっていました。

そして収支が合わなくてイライラしながら消耗しての繰り返しでした。

でもマネーフォワードなら、連携の設定さえしておけばあとは自動で勝手にやってくれます。

グラフも出してくれるし、予算管理までできちゃいます。

自分でちょくちょく見なくても「今月の支出は先月より多いですよ~」と教えてくれるようになりました。

現金での支出があったときは手入力、もしくはレシート撮影で登録が必要ですが、それでも今まで家計簿をつけることに消耗していた時と比べたら格段に楽です。

 

まだ毎月の収支の確認が済んでいない人はぜひ導入してみてください!

これから住宅ローンも始まりますからね。

習慣づけするなら今です!!

 

それでは具体的に何をしてお金を増やしたのか紹介しますね。

 

徹底的に固定費を削減

毎月の収支がわかったところで次は削れるところはないか見ていきましょう。

「支出を減らす」と言っても、毎日の食費を削ったり、お小遣いを減らしたり、家族が楽しみにしているレジャー費をなくしたりするのは、なんだか切ない気持ちになるのでやめましょう。

これは生活を豊かにしてくれる支出なので、下手に減らしすぎないほうがいいです。

(やたら外食や飲み会が多いとか、趣味に使うお金が多すぎる場合は見直したほうがいいかもしれません。)

私が固定費の削減でやったことは4つです。

  • 定期便でずっと自動配送されている商品を解約する
  • 携帯電話料金の見直し
  • 生命保険の見直し
  • ダラダラとネットショッピングでお買い物しない

定期便でずっと自動配送されている商品を解約する

なんとなく続けている定期便や解約するのが面倒でずっと続けているサービスなどありませんか?

私も家計簿で収支チェックするまで忘れていたものもあって、こんなに多くの登録がされていたんだと驚きました。

もちろん中には使っていて必要なものもありましたので、それ以外は全部解約しました。

たった3千円とか少額のものでも、チリも積もればの精神でたくさん集めてみてください。

あっという間に1万円くらいは削ることができますよ。

 

携帯電話料金の見直し

固定費の代表格、携帯電話料金。

今はスマホの時代になってしまったので、夫婦2人の携帯電話料金が毎月1万円以上かかっている家庭も多いのではないでしょうか?

本当にスマホに1万円以上必要ですか?

多くの人はドコモ、au、ソフトバンクを使っているんじゃないかと思いますので、もし大手の携帯電話会社のスマホを使っているならショップへ料金見直しに行きましょう。

なかなか忙しくて行けない人はコールセンターやネットからでも見直しできますよ。

(いつも混んでるからコールセンターのほうがいいかもしれない・・・)

料金プランが合っているか、余計なオプションが付いていないかどうかを確認してください。

不要なものを見直して解約するだけで、数千円も削れる場合があります!!

無駄なものにお金を払わずに、どんどん削っていきましょう。

 

大手の携帯電話会社で最安プランを組んでも、スマホ2台だと合計1万円以内で収まるかどうか・・・といったところじゃないでしょうか。

携帯代金は見直ししているし、もうこれ以上安くならない!という人は、格安スマホに乗り換えしちゃいましょう!

正直言ってガッツリ通信費を抑えるには、これしか方法がないです。

田舎だと電波が悪くて大手の携帯電話しか使えないという人もいるかもしれません。

でもmineoだったら、ドコモ、au、ソフトバンクの電波も本体もそのまま使えて、今よりも安くスマホを使えるのでかなり節約になります。

こんなに安く使えるのに毎月1万以上も携帯代払うのはもったいなくなってきますよね。

本気で固定費を削りたいなら乗り換えするのが得策です!

紹介CP

データ通信と音声通話込みで6カ月間333円/月(税抜)~

生命保険の見直し

結婚した時に入った生命保険、全然我が家に合っていなかったんです。

子供も生まれたし、必要としている保障が変わっているのに、主人に万が一があったときにたった800万円しか保障されない保険でした。

気にはなっていたけど放置していた生命保険、これも住宅購入を機に見直すといいですよ。

我が家はファイナンシャルプランナーさんに相談して、保険料を安くしつつ、必要な保障額をカバーできる保険に乗り換えできました。

収支のバランスから住宅ローンがいくらまで組めるとか、家計を圧迫しない住宅ローンは月々いくらまでなのかとかわかったので、打ち合わせするときにも役立ちました。

家計の状況から住宅ローンがいくらと決まれば、おのずと家にかけられる予算も決まります。

せっかくの夢のマイホームを建てるのに住宅ローンで苦しくなったなんていう状況を事前に避けることができます。

住宅購入するなら一度はプロのファイナンシャルプランナーさんに相談して、家計診断や適正な住宅ローン額を知っておきましょう。

そして一緒に生命保険も見直しもお願いしましょう。

保険マンモス

読売ウィークリーで絶賛の保険マンモス『FP無料相談』は今すぐコチラ!

 

我が家は必要以上に貯蓄型保険にたくさん入ってたことがわかりました。

保険で貯蓄するとかもよく聞きますが、それも適正な保険料と保障を兼ね備えていないともったいないんだと感じました。ただ貯蓄型保険に入ればいいというものじゃないんですね。

ファイナンシャルプランナーさんに相談した結果、必要以上の貯蓄型保険はいらないということになり、一部を解約することになりました。

これを解約したことで、解約金が40万円ほど得られました。

今まで払った分の保険料と比較すると損にはなってしまうのですが、解約金を預り金のほうへ回せたのでこの見直しは大きかったです。

 

ダラダラとネットショッピングでお買い物しない

インターネットで便利にお買い物できる時代。

いろいろと手軽にポチポチして買い物できてしまうので、これ何で買ったんだ?という品物もよくありました。

そうしているうちにネットショッピング代だけで莫大な請求になったなんてこともしばしば・・・

 

これは固定費とはちょっと違うのですが、ネットショッピングをするのにルールを決めることにしました。

具体的にはネットショッピングで使う毎月のカード請求額を1万円以内に収めること!!

ネットショッピングが趣味みたいなものなので、まったくなしにするとストレスが溜まります。

ですので予算を決めて、その範囲であればオッケーというルールにしてお買い物を楽しむようにしました。

するとダラダラとネットショッピングで支出することがなくなり、だいぶ引き締まりました。

 

ということで徹底的に固定費の見直しをして削減することで生命保険の解約金を40万円確保することができ、毎月の固定費支出も少なくなったので数万円ずつ貯金ができるようになりました。

このタイミングで固定費の見直しは必須です。

ちょっと面倒かもしれませんがやってみる価値は十分にありますよ~!!

 

収入を増やせるところを探す

簡単に収入を増やす、と言ってもすぐに給料が上がるわけじゃないし、副業するわけにもいかないですよね。

副業オッケーな会社だったら、コツコツ始めてみてもいいかもしれませんね。

でも私が試した方法は副業以外で収入を増やす方法です。

では具体的に紹介しますね!

メルカリで不用品を売る

メルカリは一度は聞いたことがあるサービスではないでしょうか。

フリマアプリでは最大手ですね。

引っ越すときに大幅に断捨離しなくてはなりませんので、今のうちに不要なものは出品してお金に換えてしまいましょう。

私からしたらゴミでしかなくて処分対象だったものがお金に代わるので面白いです。

コツコツ出品して2万~3万くらいの収入になりました!

まだメルカリを始めていない人は試してみてください。

メルカリ

FXで短期投資する

もうとにかくお金を増やしたくてFXでちょっと投資しました。

投資といっても長期投資しないとメリットのないものが多く、短期集中で増やしたい私がたどり着いたのがFXでした。

でも逆にお金が減ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

リスクを取らなきゃお金は増やせない!でも大きく損はしたくない!と思い少額でできるFX会社を選びました。

私が使っているFX会社はSBI FXトレードです。

プラスマイナスありましたが、1万円ほど稼げたと思います。

積立FXというサービスもやっているので、貯金感覚で少しずつ投資に挑戦できたのは良かったです。

未使用口座を確認してみる

昔使っていたけれど今は使われていない銀行口座ありませんか?

私もすっかり放置していたのですが、通帳記帳してみたらわずかに残っているものもありました。

中には2万円くらい入っているものもあったのでラッキー!

いくつかの口座を覗いてみて、かき集めたらいい金額になるかもしれませんね。

 

無理せず給料以外で増やせるところを探して、大きくなくてもコツコツと増やしていけたらまとまったお金になります。

何かできることを探してみてくださいね。

 

ボーナスは迷わず住宅資金に

仮契約金を払い終わった我が家の自己資金はわずか10万円。

その後、生命保険の見直しで40万円ゲット。

でもあと30万円足りません!!

 

固定費の見直しによって支出が減って毎月貯められる額が増えたのと、収入を増やす試みで15~20万くらいは確保できました。ざっくりですみません。

あ、半年かかってますよ。

 

あとはちょうどボーナス月に重なったこともあったので、足りない分はボーナスで補填です。

それでなんとか80万円を一条工務店に納めました。

 

一条工務店の預り金80万円を用意するためにやったことまとめ

ほんとお金との戦いの半年間でした。

情けないようですが、お金をかき集めてかき集めてやっとという感じです。

これが我が家の実情です(笑)

 

でも、これから家が建ってもお金との戦いはまだまだ続いていくんですよね。

このタイミングでいろいろ見直しをして家計を把握できたことは、家を建てた後にも役立つはずです。

自分の家の家計能力を知ることができた半年間です。

ちょうどよく節約することと、お金を増やすことにも興味が出てきたところなので、これからもコツコツ続けていこうと思っています。

あなたの家づくり応援しています!